作品案内

出演:Yun

屋敷での家事兼クンニ奴隷と便器奴隷の日常 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売予定

ストーリー

Yun女王様の屋敷は家事兼クンニ用の奴隷と人間便器用の2人の奴隷が住まわされている。
家事兼クンニ奴隷はご主人様が帰宅するとブーツと靴の舐め掃除、蒸れたパンストの消臭、蒸れた足の舐め掃除、汚れたオマ〇コの舐め掃除が必須で、屋敷内の掃除、入浴時の身体洗い、TV鑑賞中や読書中や就寝前には必ずクンニとアナル舐め奉仕をしなければならない。

また玩具や犬にされ遊び道具にもならなければならず、許可無きオナニーや勃起も禁止されている。

便器奴隷は元々人間サンドバッグ用の奴隷であったがまともに務まらないためトイレに縛られ便器専用として使われ、ご主人様の小便と黄金のみを食事にされて一生トイレから出られない。

そんな屋敷内での日常をご覧下さい。

Chapter1

<帰宅とブーツ舐め掃除>

Yun女王様が外出から帰宅する。玄関を開けると縛られて身動きできない家事兼クンニ奴隷が床に転がされている。

奴隷達はいつもYun女王様が外出時は逃げられないように縛られて放置されている。

Yun女王様は奴隷の頭をブーツで踏みつけて「いい子にしてた?」と縄をほどいて奴隷を正座させ、
「ご主人様が帰宅したら何をしろって教えたっけ?」と言う。

奴隷はハッと気が付き外出で汚れたブーツを舌で舐めて掃除を始める。

これはご主人様が帰宅したら必ずやらなくてはならない必須事項である。

Chapter2

<ブーツ底掃除とつま先洗浄>

外出で汚れたブーツを舐め掃除させている。

Yun女王様は「次は靴底よ、1番汚れるところでしょ」とブーツの底を舐め掃除させ、舌を出させて靴底を自らこすりつけたりして「1日歩き回った靴底はおいしいかしら?フフフ、犬がオシッコをする道路を歩いたのよ。さっき公衆便所に行ったばかりの靴底よアハハハ」などと笑っている。

Yun女王様は「後はつま先だな」と奴隷に口を開けさせるとつま先を突っ込み「ほら、舐めまわして洗浄しろ」ときれいになるまで舌で洗浄させる。

そして靴磨きが終わるとYun女王様は奴隷を馬にして乗り部屋の中へ入って行く。

Chapter3

<蒸れたパンスト消臭と汗ばんだ足の舐め掃除>

玄関から馬に乗ってソファーに降りたYun女王様は家事兼クンニ奴隷にブーツを脱がさせると
「1日ブーツ履いてたから足が蒸れてないかお前が臭いを嗅いで確かめて」と蒸れたパンストの臭いを嗅がせる。

そして案の定パンストが蒸れていると「お前が消臭しなさいフフフ、蒸れたパンストはどんな臭いかしら?フフフ、家中の臭い物は全てお前に消臭してもらうわ」などと奴隷に臭いを吸い込ませて消臭させる。

消臭の後はパンストを脱ぎ奴隷の頭に被せると「次は汗ばんだ足の舐め掃除よ、指の間も舌を滑り込ませてお掃除してちょうだいフフフ、カカトも吸い付いて舐めるのよ、おいしいかしら?お前の大事なお仕事よ」などと足を舐めさせ、舌を出させて足の裏をこすりつけたりして汗ばんだ足を舐めさせながら笑う。

Chapter4

<汚れたオマンコ舐め掃除>

足を舐め掃除させたYun女王様はパンティーを脱いでソファーに座り開脚してオマンコを丸出しにすると
「外出から帰ったら1日汚れたオマンコも掃除しないとねフフフ、近づいてよーくオマンコを見なさい、どこが汚れてるか確認した?じゃーオマンコ舐めろ!」と掃除をさせて快楽に浸る。

Yun女王様は「隅から隅までお掃除するのよフフフ、舌をオマンコの中まで滑り込ませてお掃除するのよ、クリトリスの周りは特に丁寧にね。

お前の1番重要なお仕事よフフフ」などと言いながらクンニを満喫する。

Yun女王様は散々クンニ舐め奉仕を堪能すると「やめ!きれいになった?舐め残しは無いか?舐め掃除ご苦労さんアハハハ」とビンタを3発食らわせて部屋を出て行ってしまう。

外出から帰宅後の靴磨き、消臭、足掃除、オマンコ掃除は必須事項である。

Chapter5

<監視しながらの床拭き掃除>

家事兼クンニ奴隷にとって部屋の掃除は大事な仕事である。

Yun女王様は奴隷を四つん這いにして鼻フックで豚にすると乗馬鞭を持ち監視しながらキッチンの床を拭き掃除させる。

Yun女王様は少しでも手を抜くと足で突き飛ばして倒し、手を踏み、フトモモで頭を挟んで鞭で叩き、ツバをあちこちに吐いてはそこを拭かせる。

奴隷はYun女王様に監視されながら四つん這いで必死に床を拭くのだが、Yun女王様の掃除は徹底されており毎回散々な目に合う。

Chapter6

<運動の時間と人間サンドバッグ>

Yun女王様の運動の時間である、Yun女王様の屋敷には家事兼クンニ奴隷の他に人間サンドバッグ奴隷が住まわされている。

ハイレグレオタードに着替えたYun女王様はラップで巻かれマミー状態で床に転がされている人間サンドバッグ奴隷の体やチンポに乗ったり、顔を踏んでアキレス腱を伸ばし準備運動をすると奴隷にまたがって座りグローブを付けてパンチの練習を始める。

Yun女王様は「フック!ストレート!お前は人間サンドバッグでしょフフフ。あーストレスが解消するわー」などと言いながら奴隷の顔面がボコボコになるまで力一杯殴りまくる。

Chapter7

<顔面カカト落としと顔面サッカーボール>

Yun女王様の運動の時間は続き、次は顔面カカト落としである。

Yun女王様は足を高く上げそのまま顔面に落としフトモモを鍛える。

その度に顔が潰れる音がする、次は顔面をサッカーボールにして
「シュート!PKキック!ゴール!」などと掛け声を出しながら顔面を強烈に蹴りキック力を強化する。

奴隷は顔面を蹴られる度に顔が吹っ飛ぶがすぐに元の位置に戻され再びボールとして蹴られまくる。

Chapter8

<顔面ヒザ落としと顔面蹴り上げ>

Yun女王様は奴隷の顔に正座で座りヒザをゴリゴリと顔にめり込ませ、片ヒザを顔の上から体重をかけて顔面に落としヒザを強化する。

奴隷の鼻がヒザにめり込む様子が良く見える。次に奴隷を四つん這いにすると顔面を下から蹴り上げて足を鍛える。

奴隷は顔面を蹴り上げられる度に床に崩れ落ちるがすぐに元の位置に戻され再び顔面を蹴り上げられ体力強化の道具にされる。

Chapter9

<顔面回し蹴りと顔面前蹴り>

Yun女王様は奴隷を正座させると顔面目掛けて回し蹴りを食らわせキック力を強化する。

足が顔面に直撃する度に奴隷は吹っ飛んで床に崩れ落ちる。

次にYun女王様は正座している奴隷の両手をつかみ顔面目掛けて前蹴りを食らわす。

手を押さえられているので奴隷は逃げることができず足の裏が鼻にめり込む。

あまりに強烈なためとうとう奴隷は気絶してしまうとYun女王様は「人間サンドバッグにもなれないのか、もう使い道がないなー」とつぶやく。

Chapter10

<一生人間便器>

Yun女王様は気絶した人間サンドバッグ奴隷をトイレで縛り洋式便器に下に寝かせ排水溝を口に固定すると目を覚まさせ、
「お前は人間サンドバッグにもなれないから今日から便器として使う事にする。一生このトイレから出さない。お前の食事は死ぬまで私の小便とウンコのみしか与えない。

お前がこの先見る事ができるのはトイレの天井と私のマンコとケツの穴だけだフフフ」などと言い放ち、人間サンドバッグ奴隷を生涯専用便器として使う。

Yun女王様は「記念すべき1回目の便器にしてやる」と言って便座に座ると小便を放出する。

小便は排水溝を伝わって全て奴隷の口に流れ込む。

そしてトイレットペーパーで拭くと便器に捨てトイレブラシで奴隷の口に押し込み「そのうち私がトイレに来るのが待ち遠しくなるよ、トイレットペーパーも全部食べるのよアハハハ」と立ち去ってしまう。

Chapter11

<入浴の時間>

Yun女王様の入浴の時間である。

これも家事兼クンニ奴隷にとって大事な仕事である。

奴隷は脱衣所でYun女王様の服を脱がすとまず事前にクンニとアナル舐めをして汚れを落とす。

そして浴室に入るとYun女王様の首からつま先まで、もちろんオマンコやアナルに至るまで全身をスポンジで洗わなくてはならない。

汚れを残してしまうと死ぬほどお仕置きされるため奴隷は誠心誠意丹念に体を洗う。

Chapter12

<シャワー水責めと浴槽水中窒息責め>

Yun女王様は家事兼クンニ奴隷が体を洗い終わると「お前もきれいに洗ってやるよフフフ」と奴隷に口を開けて立たせ。

シャワーを浴びせて水責めにする。水が口にどんどん流れ込み奴隷はもがき苦しむ。

次にYun女王様は奴隷を浴槽に入れると足やお尻やオマンコで顔を水中に沈め「ご主人様に洗ってもらってうれしいだろアハハハ、きれいにきれいにしましょうねーフフフ」などと言いながら窒息責めを楽しむ。

奴隷は水中でお尻やオマンコの下敷きになり息ができず、ただ水面から出ている手足がバタバタしている。

Chapter13

<トイレの時間2>

用を足したくなったYun女王様はトイレに行く、便器奴隷は身動きできず便器にされたままである。

Yun女王様は奴隷を見下ろし「良い眺めだことフフフ」と一言言うと当たり前のように便座に座って小便をして飲ませトイレットペーパーで拭いて奴隷の口に足込み「あースッキリしたわー」と立ち去ってしまう。

便器奴隷は一生Yun女王様の専用便器としてこのトイレから出られない。

Chapter14

<動画鑑賞の時間>

Yun女王様はソファーに座って動画を鑑賞中である、家事兼クンニ奴隷はYun女王様が動画を見終わるまでずっとクンニをしなければならない。

Yun女王様はクンニさせている事など一向に気にせず動画を見ているが少しでも手を抜くと「お前の大事なお仕事でしょ!オマンコの中もだろ!お前も便器にされたいのか!マン汁も全部飲むのよ!」などと言って強烈なビンタや乗馬鞭で叩く。

奴隷の舌は何時間でもオマンコを舐め続け止めることは許されない。

Chapter15

<トイレの時間3・黄金>

用を足したくなったYun女王様は家事兼クンニ奴隷を馬にしてトイレに行く。

便器奴隷は便器にされたまま置かれている。

Yun女王様は奴隷を見下ろして「フフフ」と笑っただけで当然のように便座に座る。

そして力むと肛門からクソが顔を出し便器の中に落ち排水溝を伝わって便器奴隷の口に流れて行く。

Yun女王様は「あースッキリ」とトイレットペーパーで拭いてトイレブラシでクソごと口に押し込み
「お前の夕飯だよ、しっかり召し上がれアハハハ」と立ち去り待たせておいた馬に乗って部屋に戻って行く。

便器にクソを流すのは当たり前である。

Chapter16

<食事の時間>

Yun女王様はイスに座りTVを見ながら食事をしている。

食事を用意した家事兼クンニ奴隷は床に正座してYun女王様をずっと見ている。

時たまYun女王様が食べ物を床に捨てたり吐き出したりるすと奴隷は瞬時にそれを犬のように食べて再び正座して次を待っている。

奴隷の食事は1日1回Yun女王様の食べ残しだけであった。

そのため奴隷は必死にエサを待っている。Yun女王様は満腹になると残飯をボールに入れツバを吐き、混ぜて奴隷の前に置いて「1時間おあずけね」と立ち去ってしまう。

空腹の奴隷は1時間お預け状態で残飯をただ見つめている。

Chapter17

<アナル拡張の時間>

家事兼クンニ奴隷のアナル拡張の時間である。

Yun女王様は小中大の吸盤付きディルドを床に張り付け立たせると鼻フックで豚にした奴隷を和式トイレ座りで小さいディルドから順にアナルに挿入させ自分でお尻を上下させアナルを拡張させていく。

Yun女王様は「お前のアナルは私の物なのよ、私の拳が入るまで拡張訓練するからな」などと言いながら鞭で叩き体重をかけて体を押し、ディルドの根元まで押し込み、休憩時間はディルドをアナルに入れたままペニバンでイマラチオしてノドの奥までチンポをねじ込む。

Chapter18

<アナル拡張検査>

Yun女王様はディルドで散々家事兼クンニ奴隷のアナルを拡張するとソファーに座り
「アナルが拡張されたか検査する」と奴隷を四つん這いでペニバンチンポに挿入させ奴隷自らお尻を前後に動かさせてチンポがスムーズに出入りするか検査する。

Yun女王様は「お前のアナルは私に犯されるためにあるのよ!

自動アナルマシンだなアハハハ、休まずどんどん拡張しろ!」などと言いながら乗馬鞭で叩きチンポがアナルに出し入れする様子を見ている。

奴隷はひたすらお尻を動かしてチンポをアナルに出し入れする。

Chapter19

<トイレの時間4>

用を足したくなったYun女王様はトイレに行く。

便器奴隷はいついもの様に便器として置かれている。

Yun女王様は普通に便座に座り普通に小便をしてトイレットペーパーで拭いて口に押し込んで、普通に出て行く。

Yun女王様はもう便器奴隷をただの便器として使っている。

便器奴隷は次にYun女王様が来るまで天井を見つめるだけである。

Chapter20

<勃起させない訓練の時間>

家事兼クンニ奴隷のチンポはYun女王様の物なので勝手にオナニーや勃起させることは禁止されている。

奴隷は全裸で縛られ縄を天井に吊るして立たされる。

Yun女王様手コキやお尻をチンポにこすりつけ「勝手に勃起させたら鞭でお仕置きよフフフ」と挑発する。

奴隷は何とか勃起しないように我慢するがお尻や手コキに負けて勃起してしまう。

すると勃起がおさまるまで1本鞭で叩きまくられる。

Yun女王様は「大変立っちゃう立っちゃうアハハハ、これでも我慢できるかしらフフフ。小さくなーれ小さくなーれ、はい勃起したダメお仕置きー」などと笑いながら繰り返しチンポを責め立ては勃起させ1本鞭で叩いて遊ぶ。

Chapter21

<鈴の音色で癒しの短小チンポ>

家事兼クンニ奴隷は短小チンポである。

Yun女王様は「お前のチンポは私の物よね?私の物にしてはお粗末だから飾り付けしてあげる」とチンポに鈴が付いた洗濯ばさみを6個挟み、乗馬鞭で揺らしたり奴隷自らチンポを揺らさせ鈴を鳴らし、鈴の音色で癒しの時を過ごす。

そして縄を洗濯ばさみに引っ掛け引っ張ると縄がピンと張りチンポの皮が伸びる。

その状態で奴隷自ら後ろに下がって洗濯ばさみを外させる。当然奴隷は激痛でもがきまくる。

Chapter22

<クンニ犬とチンポリード>

Yun女王様は家事兼クンニ奴隷を犬にしてチンポに縄を巻きリードにすると骨を投げ拾って来させる。

犬が骨近くまで行くとYun女王様がチンポリードを引くものだから犬はなかなか骨を拾えない。

そしてようやく骨を拾って来るとご褒美と称してクンニ舐め奉仕をさせ、再び骨を投げるを繰り返しYun女王様は快楽に浸りながら犬をいじめて遊ぶ。

Chapter23

<トイレの時間5>

用を足したくなったYun女王様はトイレに行く。

便器奴隷はいついもの様に便器として置かれている。

Yun女王様は便器奴隷を見下ろして「この人間便器がフフフ」と笑うだけで当たり前のように便座に座り小便をしてトイレットペーパーを口に押し込んで
「ねぇ、オシッコって飲み物なの?飲み物じゃないよねアハハハ」と立ち去ってしまう。

もう奴隷は完全に便器にされ生涯Yun女王様の排泄物を摂取して生きていくしかない。

Chapter24

<読書の時間>

Yun女王様はコーヒーを飲みながら読書をしている。

家事兼クンニ奴隷はイスの下に敷かれアナルを舐め奉仕させられている。

Yun女王様は奴隷を気にする事も無くもくもくと読書をしてコーヒーを飲んでいる。

そして奴隷が手を抜くと首輪に付けたリードを引っ張って口を肛門に押し付ける。

奴隷は読書が終わるまでずっとアナルを舐めなければならず舌を止めることは許されない。

Chapter25

<オナニー鑑賞とブーツコキ>

Yun女王様はコーヒーを飲みながらソファーに座り家事兼クンニ奴隷に
「乳首をいじりながらオナニーしなさい」と全裸でオナニーをさせ
「いつもそうやってオナニーしてるの?フフフ、立ってもその大きさ?一生できない私とのセックスを想像しながらしごきなさい」などとオナニーを鑑賞する。

そしてYun女王様は「オナニー手伝ってあげるよ」と言うとブーツにチンポを挟んでブーツコキをして
「大好きなブーツでオナニー手伝ってもらえてうれしいねーフフフ、自分でチンポを動かしてしごきなさい、このオナニー猿が!アハハハ」と笑いながら鑑賞する。

Chapter26

<顔面射精>

オナニー鑑賞をしているYun女王様は奴隷をチングリ返しにしてオナニーを続行させる。

このまま射精したら精子が顔にかかってしまう状態である。

奴隷は許可が無いとオナニーできないため、丸出しアナルを見られながらこのチャンスを逃すかと必死にチンポをしごいている。

そして奴隷がイキそうになるとYun女王様は
「イキそうか?よし射精を許可する。チンポが精子を吐き出す瞬間を見せなさい」と言って奴隷は射精する。

するとその精子は見事に奴隷の顔に飛び散った。

Chapter27

<トイレの時間6・黄金>

用を足したくなったYun女王様はトイレに行く。

便器奴隷は生涯便器にされている。

Yun女王様は「お腹空いたでしょ?今ご飯あげるよフフフ」と便座に座り何のためらいもなくクソを垂れ流し
「あースッキリしたー」とトイレットペーパーで拭いてクソと一緒に口に押し込み
「昨日ステーキ食べたから栄養満点よ、しっかり召し上がれアハハハ」と立ち去ってしまう。

口に押し込められたクソとトイレットペーパーはゆっくり時間をかけて消化され奴隷は辛い時間をまた過ごさなければならない。

Chapter28

<就寝の時間>

Yun女王様はベッドで就寝前にワインを飲みながらTVを見ている。

家事兼クンニ奴隷はクンニ舌奉仕をさせられている。

次第にYun女王様のまぶたが重くなり眠りそうである。

Yun女王様はワインを置いて奴隷ごと掛布団をかけて眠りにつく。

奴隷はYun女王様が深い眠りにつくまではクンニを続けなければならない。

Yun女王様は毎日クンニをさせながら気持ち良く眠りにつき、翌朝も目覚めのクンニから気持ちいい1日をスタートさせる。

奴隷はYun女王様に監視されながら四つん這いで必死に床を拭くのだが、Yun女王様の掃除は徹底されており毎回散々な目に合う。

屋敷での家事兼クンニ奴隷と便器奴隷の日常

出演:Yun

屋敷での家事兼クンニ奴隷と便器奴隷の日常 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売予定

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。