MLDO-042 鬼嫁の義父地獄介護

MLDO-042 鬼嫁の義父地獄介護

出演:小倉もも

MLDO-042 鬼嫁の義父地獄介護 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

ストーリー

年老いた父と息子の2人暮らしの家に息子の嫁が嫁いで来る。息子の前では良い嫁を演じているが、息子が会社に出かけ義父と2人きりになるとその本性をあらわし、嫁は義父をいじめ、暴力と体罰を繰り返し家事奴隷の如くいびる鬼嫁と変貌する。

そして嫁は義父を色仕掛けで挑発する。

妻に先立たれ何年も女性と接することのない生活を送って来た義父にとって若い女の体は眩しすぎるほど魅力的で、鬼嫁の誘惑に唯一の収入である年金を毎日のように鬼嫁に吸い上げられて行く。

Chapter1

トイレおもらし。
朝玄関で夫を送り出す嫁、手を振り夫が見えなくなると意味深な笑みを浮かべ家に入る、義父と2人の時間だ。

義父はトイレに入ろうとするが嫁が先に入っていて出てこない。

嫁はトイレで用を足すわけではなく義父を入れないよう意地悪しているのである。

義父はもう小便が漏れそうでトイレ前で股間を押さえ辛そうにウロウロしている。

義父「陽子さん陽子さんまだかのぉ、わしゃ漏れそうなんじゃ」

嫁「まだですよー」嫁はトイレで立ちながら笑みを浮かべドアに耳を当てたり声を出さずに「もらせもらせ」とトイレを出ない。

限界に達した義父はトイレ前でとうとうパンツに小便を漏らしてしまう、それを感じ取った嫁はトイレでガッツポーズして笑う。

Chapter2

おもらし掃除。
義父が小便を漏らしたことを確信した嫁はトイレからでる。

義父はすまなそうな顔をして床は小便でビシャビシャである。

嫁「はい、お待ちどう様でした、あら、床温かい、お父さんおしっこもらしたんですか?だいの大人がおもらしして恥ずかしいーアハハハハ」嫁は恥ずかしがる義父の顔をニヤニヤ見ながらイヤミを言う。

嫁「自分のおもらしは自分で掃除して下さいねフフフ」と雑巾を義父に渡して義父は小便を拭き掃除する。

嫁「ほらここも、ここにもおもらしが、おしっこ垂れ流してお掃除して恥ずかしいですねーアハハハ」父を小バカにする。

嫁「全部拭いたの?まだ私の足が濡れてるじゃないですか、拭いて下さい」と義父の顔の前に足を差出す。

義父は嫁の足を手で持ち拭き取らされている。嫁はニヤニヤして義父を見下ろしている。

嫁「きれいになりました?じゃあ匂いかいで確かめて下さい」義父は嫁の足をクンクンと匂いを嗅がされる、嫁は笑っている。

嫁「本当にきれいに拭いたなら舐めてみて下さい」義父に自分の足を舐めさせる。

「どーですかーフフフッ、お父さんお味はいかがですかフフフッ、おしっこの味?それとも足の味?フフフッ、おもらしを舌でペロペロ足掃除、アハハハァー」

Chapter3

洗濯パンティー舐め掃除。
義父は庭で植木を見ている、嫁が縁側から「お父さん洗濯してくれました?」義父がしたと言うと嫁は確かめに行く。

嫁は洗濯機から自分のパンティーを出すと案の定洗濯はできておらず、生理のおりものがパンティーの裏にベットリついている。

嫁「いつも何か忘れて何度も何度も洗濯して水道代無駄じゃないですか、私のパンティー洗濯できてるの?できてないの?」

義父を呼びしかりつける嫁。義父は年老いているので何かと忘れがちになるのはしかたない事なのだが、嫁はそれを口実に義父をイビリまくる。

嫁「罰です、洗濯の代わりにその汚れたパンティー舐めてきれいにして下さい」嫁は義父におりものが付いた汚れたパンティーを舐めてきれいにさせ、舐めている義父を見ながらニヤニヤしている。

嫁「お父さんどーですかー?私の汚れた物舐めて?どんなお味がするのかしらフフフッ、おいしい?おいしいですか?フフフッ」

Chapter4

エアロビクス覗き。
嫁はTバックのレオタードでエアロビクスをしている。

義父は隣の部屋を通り過ぎようとするがふすまが少し開いていて中の様子を覗き込んでしまう。

嫁のDカップのバストや均整のとれたみずみずしい若い体がレオタードに食い込み、長い間女の体と無縁であった義父にとっては衝撃的な光景であり、唾を飲み込み手は自然と股間を触りつい覗き見してしまう。それに気が付いた嫁はしらないフリをして徐々に義父に近づき、その肉体を目の前で見せつけ義父が興奮に達したと感じると一気にふすまを開ける。

嫁「お父さん何してるんですか!私の体を覗き見してたんですか!その手でシコシコしてたんじゃないですか!」驚いて腰を抜かし違うと言い訳るす義父に嫁は知っていながら疑惑の目で迫りまくる。

するとその直後嫁の表情が和らいで嫁「ねぇ、お父さん、私の体ゆっくりみたい?おこずかい下されば、ゆっくり見せてあげてもいいんですよ、3000円ぐらい下されば」嫁は顔を近づけ義父を誘惑する、戸惑っている義父の顔の前に嫁は豊満な胸、お尻、股間をホラホラと言いながらチラつかせ笑みを浮かべて誘う。

欲情を抑え切れなくなった義父はとうとうお金を渡してしまう。

嫁「はい、ありがとうございます、フフフ」嫁はお金を胸元にしまうと手招きで義父を呼び込み、義父も部屋に入ってしまう。

Chapter5

レオタードで誘惑し年金を吸い上げる嫁。

義父はあお向けに寝る、嫁は四つんばいで豊満な胸を義父の顔の上で左右に揺らし笑みで挑発する。

嫁は片ヒジついて寝て1212で足を上げる、義父の顔は嫁の股間のすぐ前で匂いを嗅いだり生つばを飲み込み股間を直視する。

義父があお向けに寝て嫁は顔の上に立ち1212で腰を動かす、義父の真上に嫁の股間がレオータドに食い込み揺れ動いている。

嫁「興奮しちゃってるんですかーフフフ」笑みで義父を見ながら「ほーら、ほーら」でゆっくり腰を回す、義父は興奮して股間を触り始めている。

嫁はレオタードをTフロントにして「お父さんオマンコ見たいですか?後1000円で見れますがどうしますかフフフ」と更にお金を誘惑で吸い上げTフロントを横にずらしてオマンコを見せつけ腰を左右に揺りながら笑みで義父を見下ろす。

義父の真上で嫁の若くてまだ綺麗なオマンコが右に左に揺れ動いている、義父は我慢できずにペニスを出してオナニーを始めてしまう。嫁は義父のオナニー姿を笑みで見下ろしながら更に挑発する。

義父「もうダメだ、イッてしまう」とイク寸前に嫁は嫁「はい、ここまでです」と止めて「あら、もう少しでイキそうだったんですか?残念でしたねー」顔を近づけて「後は自分で頑張って下さいねー、ははははは」と立ちさる。

義父は寸止め状態で「陽子さん待ってくれ、陽子さんー」と嘆く。

Chapter6

おねしょと罰。
義父な布団で寝ている、ふと股間あたりが温かくて起きるとおねしょをしてしまっていて隠そうとテッシュで拭いている。

嫁は不審な義父の動きに布団をめくりおねしょがバレてしまう。

嫁「お父さんおねしょ?大人なのに毎回毎回おねしょして、恥ずかしくないんですか!」「ほんとにこのおもらしじじぃはしょうがないなぁ」廊下のスリッパを取ってきて正座して「ほら、おもらししたらいつもの罰でしょ、ほら、いらっしゃい」とヒザ元を叩く。

義父は嫁のヒザにかぶさるように横になる、嫁は義父のパンツを下げお尻を出させてニヤリと笑うとスリッパで尻を叩き出す。

嫁「おもらしじじいぃ、二度としないか、ほらほら、罰は罰ハハハ、どうですかー」嫁は義父のパンツを取り上げ下半身丸出しにして「ほら、いつものようにここで反省してなさい」と押入れに閉じ込める。

義父は年老いているためトイレが近くなったり下が緩くなったりするのはしかたのないことだが嫁はそれを口実に体罰を与えて楽しんでいるのだ。

Chapter7

食事と罰。
嫁と義父が食事をしている。年老いた義父は手元も不安定になり食事をたびたび床に落とし、今日もまた落としてしまう。

嫁「あーあー!もう、何やってるんですか!あーあーいつも何かこぼして!床にこぼしたらどうするんでしたっけ?」嫁は床に食事を落とすと義父にはいつくばって犬のように食べさせる。

嫁ははいつくばって食べる義父の頭を足で踏みつけ
嫁「どーですか?お父さん、おいしいですか?アハハハ、似合ってますよー、犬みたいに、犬、アハハ、ほら、もっと食べろ、ほらほら、犬、犬じじぃ、うまいかうまいアハハハ」義父の頭を何度も踏みつけ笑いながら見下ろす。

Chapter8

挑発掃除。
義父は畳に座って新聞を読んでいる。ミニスカート姿の嫁は床を拭き掃除している。

嫁はわざと義父にお尻を向け床を拭きながらお尻とTバックパンティーを見せつけ義父を誘惑の罠にかける。

若い女の下半身が目の前で揺れ動いている、義父はどうしても見入ってしまいペニスが膨らんでしまう。それを確信した嫁は振り
嫁「3000円」と見たいならお小遣いと手をだしいつものように義父からお金を巻き上げようとする。

戸惑っている義父に嫁は開脚し腰を上げて股間を見せつけ動かし笑みで挑発する。

義父はとうとう誘惑に負けお金を渡してしまう。

嫁「毎度どうもフフフ」お金を胸元にしまう。義父は嫁のお尻や股間ギリギリまで顔を近づけて匂いを嗅いだり興奮している。

嫁は更に追い討ちをかけパンティーを後少しでオマンコが見えるぐらいまでギリギリに下げて

嫁「脱ぐには後1000円」とほほ笑む。収まりのつかない義父は1000円払ってしまい、嫁はパンティーを脱いでオマンコを義父の顔直前まで近づけ笑みを浮かべていろいろなポーズで見せつける。義父はとうとうペニスを出してオナニーし出す。

義父が「た、たまらん、イク、イッてしまうー」と激しくペニスをしごき出すと嫁はパンティーを履いて見せつけを止め

嫁「はい、時間終了――、(顔近づけて)またもう少しだったのにねー、アハハハ」と立ち去ってしまう。

義父「そ、そんなー、待ってくれ、陽子さん待ってくれよー」と嘆き悲しむ。勃起したままの義父だけがポツンと部屋に残される。

Chapter9

セック覗き。
義父が家にいると和室から嫁のアエギ声が聞こえる。

義父がふすまを少し開けると息子と嫁が全裸でセックスしている。

義父は思わず覗き勃起してペニスを触り始める。

嫁は義父に気が付き驚く表情をするが直後に笑みに変わり、「覗きたいなら3000円」と声を出さずに義父に手を差し伸べる。

義父は息子に気付かれないようお金を渡し嫁は声を出さずに「毎度―」と笑みで布団の下に隠す。

嫁はセックスしながら「うらやましい?私とヤリたい?」と言わんばかりに義父をチラチラ見ては笑みを浮かべる。

息子は義父に気がついていない。嫁は義父を笑みで見ながら息子のペニスをフェラチオしている、息子はフェラチオしてもらって義父は1人でオナニーしかできないのをあざ笑うように。

嫁はバック体制になり息子は後ろからペニスをオマンコにズボズボ挿入している、嫁は義父を見ながら笑みを浮かべ
嫁「もう1000円」と声を出さずに要求する、義父が渡すと嫁は息子に分からないようにふすまの間に手を伸ばし義父のペニスを握りしごき始める。義父のペニスは興奮で反り返る。次の瞬間息子はイクと声を上げ嫁の膣内に射精して果てる。

嫁はしごくのを止めて「息子は私の中に射精してスッキリしたのに、義父はまた射精しないで終わってしまう、残念でした」のような笑みを浮かべながらふすまを閉めてしまう。

Chapter10

徹底宣言。
息子が出張で嫁は玄関で見送る。

息子「じゃぁ、悪いけど出張中親父のこと頼むね」

嫁「はい、お父様のことは任せて下さい、たっぷりと介護しておきますから」

嫁は息子の頬にキスして送り出すと笑顔の表情を変え家の中にドスドス入って行く。

義父は新聞を読んでいると嫁はふすまを大きな音をたてて開ける、義父は驚いて腰を抜かす。

嫁「たかしさんが出張の間、お父さんのダメなところビシビシ直して行きますからね」義父のアゴを持ち顔を近づけて「分かりました?」

義父「ひーーー」

Chapter11

廊下掃除。
嫁は義父をパンツ1枚にさせて廊下を拭き掃除させている。

嫁は手に竹刀を持ち義父を叩いて足で蹴飛ばして掃除させる。

嫁「「ほら遅い遅い」竹刀で頭を叩く。

「もっと腰を入れて」足で突き飛ばして転ばせる。
「ほらここ汚れてる」竹刀で汚れた場所を叩く。
「もっと手に力を込めて」手を踏みつける。
「おそうじそうじ」竹刀でお尻を叩く。

嫁「アハハハハ」
義父「ひーーー」

Chapter12

ビンタ。
義父はまた風呂の水を出しっぱなしにして嫁に叱られている。

嫁「またお風呂の水出しっぱなしでしょ、何度言ったら分かるの!」

嫁「はい、ダメ、お仕置き、歯を食いしばりなさい」

嫁は思い切り義父に両手ビンタを喰らわす。

嫁「ほら3発でしょ、歯を食いしばって立ちなさい」

嫁は再び思い切り両手ビンタを2発喰らわす、義父は倒れ込む。

嫁「直るまで何度でもしますからね」両手腰で怒鳴る、「分かったの?」頭踏みつけて顔近づけて言う。

義父「はい」
嫁「アハハハハ」立ち去る。

Chapter13

トイレットペーパー。
義父は買出しでトイレットペーパーを忘れてしまう。

嫁がトイレで用を足して出てくる。義父はトイレ前で正座させられている。

嫁「ほら、後始末」両手腰で義父を見下ろして言う。

義父「はい」舌で嫁のトイレ後のオマンコを舐め掃除させられる。

嫁「よし、やめ」後ろ向いて「ほら、ケツの穴」今度はアナルも舐めて掃除させる。

嫁「よしやめ!」ショーツはいて義父のアゴ持って顔近づけて
嫁「買い物で、トイレットペーパーを忘れたら、次の買い物まで、人間トイレットペーパー、分かった?」
義父「はい」

嫁「おしっこおいしかった?お尻の穴の味はいかがでした?アハハハ」義父の頭を数回叩いて立ち去る。

Chapter14

レオタードトレーニング。
嫁はブルーのTバックレオタードを着ている。義父はパンツ1枚にさせられている。

嫁「お父さん運動しないと長生きできませんよ、体堅いとダメですよ」と言って義父をトレーニングさせる。

トレーニングと言ってもそれは口実で義父を踏んだりプロレス技をかけたりして苦しめ楽しむのだ。

義父の顔をお尻にうずめて両手を前に引っ張り窒息責め、うつ伏せに寝かせ1212と踏み台にする、エビ反りにして両足を抱え、鼻に両指を突っ込み持ち上げ状態反らし、足四の字固め、まんぐり返し。

嫁は義父の苦しむ姿を楽しみながらいじめる、嫁の股間に食い込んだハイレグレオタードは責め楽しんでうっすら湿っている。

嫁「アハハハハ、トレーニングトレーニング、12121212」

Chapter15

5分1000円オマンコ舐め。
嫁はノーパンミニスカートで開脚してイスに座って本を読んでいる。

義父は正座して嫁のオマンコを必死に舐めている。

嫁は感じることなく舐めている義父をまったく気にせず本を読み続ける。 嫁は時計を見て
嫁「はい、時間」「延長する?」「もうオマンコいいの?オマンコ舐めたいんでしょ?どうするの、ほら」2本指でオマンコを広げて義父を笑いながら誘惑する。

義父「おおっー」「んーーーーー」「な、舐める」

嫁「「そっ!じゃ、はい(片手を出す)5分1000円」義父はお金を払う。

嫁「はい、毎度!」受け取り胸元に入れる、時計見て「よし、舐めていいですよ、時間ないから一生懸命舐めた方がいいですよ」

義父「おおっ」しゃぶりつくように舐め始める。

嫁は笑みで義父を見下ろし「オマンコ目の前にして断れないわよねーフフフ、どんどん延長させて金を吸い上げてやる」の表情。
そして再びなにくわぬ顔で読書を続ける。

Chapter16

セックスの後始末。
息子も出張から帰った夜、義父は寝ようと布団に入っている。

しかし隣の部屋から息子と嫁のセックスの声が激しく寝付かれずにいる。

息子「どうだ、ここはどうだ、いいか?気持ちいいか?ほら、あーー」

嫁「あーーー、そこ、もっともっと、強く突いて、奥まで奥まで入れて」

ペニスを出し入れする度に息子の腹と嫁の股間がぶつかりパンパンと大きな音がしている。

義父は起き上がったり、無理やり目をつぶったり、布団にもぐり込んだりするが気になって寝れない。

しばらくして息子が「イクイクあーー」と嫁の膣内に大量の精子を放出し果て、そのままグッたり寝てしまう。

嫁は全裸で膣内に射精された精子をそのままにしてそっとふすまを開けて義父の部屋に行き義父の顔の上に開脚して立つ。

嫁「お父さん、聞いてたんでしょ?私たちが愛し合ってるの?」

嫁「愛し合ったオマンコの後始末は、どんな味がするのかしら?ふふふふ、ほら舐めて綺麗にしてちょうだい」

嫁は股間を義父の顔に近づける、オマンコからは息子のザーメンが流れ出して来ている。

義父が「んー」と顔を横にそむけると
嫁「ほら、舐めてお掃除しなさい」両手で顔を固定させ「舐めるんだ!ほら」で押しつけセックスの後始末を舐めてさせる。

嫁「そうそう、そうやって今までオチンチンが出入りしていたところをお掃除するのよ、フフフ」

もう義父は嫁のに奴隷化されつつある。

Chapter17

1日の始まり。
嫁は朝玄関で息子を会社に送り出しニヤニヤして家に入る。

奥の部屋のふすまを開けるとパンツ1枚で口にタオル、手足を縛られた義父が横たわっている。

嫁はニヤリを笑みで近づき両手腰開脚で
嫁「お父さん、今日も1日たっぷり、がんばりましょうねー」と頭を足でグリグリ踏む。

義父「んーんー」タオルで口を押さえられてしゃべれない。

嫁ショーツスカート脱ぎ、ヒザついて義父の顔の上「さあ、今日も朝一番は私をスッキリさせるのがお仕事ですよー、分かった!」

義父は「んーんー」で首を縦に振り分かったと答える。

嫁は義父のタオル外して「ほら」で顔に座り頭つかんで笑みで腰を前後に激しく振りオマンコを顔中にこすりつける。

嫁は義父をしばらくニヤけて見下ろすと高笑い「アハハハハーアハハハハー」

嫁は義父を完全に仕付けて自分の物にしてしまい、毎日義父を家事や性処理にと自由にコキ使い、その若く魅力的な体をエサに年金を吸い上げる。

MLDO-042 鬼嫁の義父地獄介護のサンプル動画

出演:小倉もも

MLDO-042 鬼嫁の義父地獄介護 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。



【スマートフォンで再生できるmp4版はこちら】