MLDO-030 金と玉拷問官

MLDO-030 金と玉拷問官

出演:すみれ(元 東尾真子)

MLDO-030 金と玉拷問官 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

ストーリー

逮捕された強盗団の男、盗んだお金の隠し場所と共犯者の名前を一向に白状しないため1人の特殊女拷問官が派遣された。

彼女の拷問対象は男性に限られている、なぜなら彼女はあらゆる方法で男の急所である男性器を責める金玉専門の拷問官だからである。彼女のペニス拷問で未だかつて白状しなかった者はいない。

逮捕された男は必死に黙秘を貫こうとするが、その事が逆に彼女に火に油を注ぐ結果となり男は地獄を味わうことになる。

Chapter1

朝の挨拶。
男は両手を天上から吊るされ足は足枷で閉じられないようにされている。

男はペニス型のパンツ1枚でペニスの形がはっきり分かる。

乗馬鞭を持ったミニスカブーツの美しい女拷問官がやって来る。

女「おはよー、どう?白状する気になった?(ほほに軽いキスして笑み)」
男は首を横に振る。

女「あら、まだ白状しないの?今日もきつーい拷問が待ってるけど、いいのかなー、白状するまで毎日拷問は続くのよ、早く白状したほうがいいわよ」

それでも男は首を横に振り黙秘を貫く姿勢「そうなのーしかたないわねー」

女は男の背後に回り一瞬男を見てニヤリとほほ笑むと足を思い切り振り上げ男の金玉に強烈な金蹴りを食らわす。

金的なしパンツ1枚の男のペニスにフルキックのブーツがのめり込みペニス棒がブルンと跳ね上がる。

男は悲鳴を上げのた打ち回るが足枷で足は閉じられない、女は男の苦しむ姿を見て笑う。

女は男の顔に近づいて「どうしたのー、痛いの?かわいそうねー、でもずっと続くのよ、アハハハ」

Chapter2

朝の金蹴りタイム。
朝の拷問が始まった。女は事あるごとに男の背後から強烈な金蹴りを食らわす。その度に男は悲鳴を上げて急所への激痛に悶え苦しむ。

女は続けて金蹴りをしない、1発食らわすと男の顔を見て笑い、乗馬鞭でペニスをさすり、お尻をペニスにこすりつけて白状するか笑いながら尋ねる、そして白状しないと再びフル金蹴りを食らわす。

捕えたネズミを猫がいきなり殺さないのと同じでじわじわと遊びながら笑顔で金玉を責め立てていく。

女「泣いちゃうの?つらいねー、アハハハ、お金はどこに隠したのー、仲間は誰かなー、白状したら止めてあげるよ、白状して楽になろうよ、痛いのきらいでしょー、しかたないなー」

女の言葉はとても優しく、その美しい笑顔は女神のようだが金蹴りは相反して1発1発が強烈で重くフルキックである。

Chapter3

檻のペニス責め。
男は箱型の檻に入れられている、鉄格子の隙間からペニスだけが外に出るように縛られていてペニスを引っ込めることができない。

女が乗馬鞭持ってやって来て
女「あらーすてきなカッコウねー、どうしたの?オチンチンだけ外に出しちゃってアハハハ」手でペニスを優しくなでながら「オチンチン拘束されちゃって丸出しねー、さー白状する気になった?」
男は首を横に振って白状しない。

女は「そー、じゃ仕方ないわねフフフ」乗馬鞭をペニスに当て男の顔を見てニヤリと微笑んだ次の瞬間、乗馬鞭を男の引込められないペニスに向けて思い切り振りおろし10発叩き上げる。

男は悲鳴を上げて体をよじるがペニスは引込められない。

女「アハハハハ、どうしたのー?痛いの?痛いよねー、白状する?クスクス」笑顔でペニスを責め楽しんでいるようだ。

女は続けてペニスを責めない、手で優しくペニスをなでたり、お尻をペニスにこすりつけたりして白状するかを尋ねる、そして男が拒否すると乗馬鞭を振り下ろしてペニス棒を叩く、乗馬鞭を玉に当てて下から叩く、ヒザをペニスに食い込ませる、ブーツのヒールを玉袋に食い込ませるなどしてアメと鞭を繰り返し笑いながらじわじわと責め楽しんで行く。

女「どうしたの?アハハハ、さあお金はどこに隠したのかなー、白状しないとこうよ、辛いねーアハハハ、逃げ出したい?」

Chapter4

ペニス踏み。
男はあお向けに縛られ寝かされている、下半身は板で覆われていて中心部分は穴が開けてある、ペニスだけがその穴から飛び出ている。

女がやって来て男の顔をブーツで踏みつけ男は激痛で悲鳴を上げる。

女「顔踏まれちゃったねー、どーですかーブーツの味は、アハハ」
「さぁ、白状しようかー、お金はどこに隠したのかなー、ほらほら」ヒールをグリグリと押し付ける。
「あら、これでも白状しないのねー、それじゃー楽しませてもらおうかなーフフフ」

女は板から出ているペニスをブーツで思い切り踏みつける、ペニス棒はブーツと板に挟まれ平らのように潰れる。

男は悲鳴を上げてもがき苦しむが縛られて動けない、女は男の顔を笑いながら見て更に足に体重をかけてペニスを潰す。

女「アハハハ、どうですかー?白状しないとオチンチン潰れちゃうよ、フフフ」

女は足を外し白状するか男に尋ね、男が拒否するとペニスを踏みつける、顔を踏みつける、ヒールを玉袋に食い込ませる、ペニスを思い切り手で握り潰す、体ごと板に乗ってペニスを踏んだまま全体重をかけてしゃがむなど男がもがき苦しむ顔を笑みで見ながらじわじわと責め立てて行く。

Chapter5

小便責め。
男はあお向けに縛られて寝かされている、男の口にはホースがガムテープで貼られホースの先には如雨露が取り付けられている。

女がやって来て男の顔をまたいで立ち見下ろす。

女「あらーステキなかっこねー、何くわえてるの?これから何させられるか分かる?白状しないと、おしっこ飲ませるのよ、おしっこ飲みたい?アハハハハ」
それでも男は白状しない。

女「おしっこ飲みたくないわよねー、じゃー白状する?あら残念、それじゃおしっこ飲んでもらおうかな、フフフ」

ショーツ脱いで如雨露をオマンコに当てて男を見下ろして微笑む、男は「やめてやめて」と叫んでいるが口にホースがつながれていて言葉にならない。

女のオマンコから1滴2滴小便がこぼれ落ちたと思った瞬間、大量の小便が如雨露に激しい音を立てて排泄される、小便はホースを伝わり次から次へと一気に男の口の中に容赦なく流れ込んでいく。

女「さー私のおしっこ飲みなさい、アハハハ、味わいなさい、ほーら、おいしいですかー、クスクス」

女は小便を全て出し尽してもホースの中に溜まっている小便が全て男の口に入って行くまでホースを持ち上げ笑っている。

女「白状するまで毎日何回でもおしっこ飲ませるからね、分かった?アハハハ」男の顔にツバをはきかけ顔を踏みつけ立ち去る。

最後はローアングルカメラにオマンコを出したまま開脚して立ち「ほら白状しないと、毎日私のおしっこ飲ませるわよ、ほら」と同時に両手でオマンコを広げて笑ってくれる、まるで映像を見ている私達に言っているみたいだ。

Chapter6

金玉パンチ責め。
男は手足を縛りつけられるイスに乗せられ拘束されている。

足は開脚型で閉じられないようにロープで固定されている。

迷彩帽子、ノーブラでスケスケの迷彩タンクトップ、迷彩Tバックパンティー、黒のロングブーツに着替えた女がやって来る。

服の上から女の豊満で形の良い胸と乳首が透けて見えている。

女は男のほほをつねりながら「さーて、まだ白状しないで頑張るのー」

女は2本指を男の鼻の穴に差し込み上に引っ張あげ「そろそろ白状しようかー、豚鼻、フフフ」顔をいじくりまわして微笑む。

それでも男は白状しないと、女は男の顔に近づいてニヤリと笑って
女「そーですかーフフフ、それなら」と男の金玉部分に強烈なパンチを数発食らわす、握り拳が玉袋に食い込み玉が左右に揺れる。

男は悲鳴を上げて玉を強打されて息ができないのかもがきまくる。

女「どーですかー?白状する気になった?アハハハ、まだ白状しないの?あら、そうなのーじゃー、フフフ」

女は片手でペニス棒を上に押さえこみ、ニヤリと男を見るとむき出しになっている金玉に強烈な平手打ち10発食らわす。

女は笑みで男の顔を覗き込み、優しい口調で自白を促し、お尻でペニスをこすりあげる、男が拒否すると笑みを浮かべながら、金玉パンチ、金玉平手打ち、金玉をブーツで踏みつけ金玉だけを責め繰り返す、玉のなぶり殺しである。

Chapter7

はりつけ(磔)責め。
男は十字架に開脚してはりつけられている。パンツ1枚でペニスの形が良く分かる。

女が乗馬鞭持ってやって来る。
女「あら、おちんちん固定されちゃってどーしたのーふふふ、」 鞭でペニスをなでる。
「さて、白状しないとまた大変なことになっちゃうよ、白状する?」男は首を横に振り拒否する。

女「そーなの、じゃー楽しませてもらうわねフフフ」男を笑みで見ると乗馬鞭を振り上げペニス棒に向かって思い切り数発振り下ろす。

乗馬鞭がペニス棒を打ち抜きペニス棒が上下にブルンブルンと跳ね踊る。

かなり鞭が強烈だったためか男は悲鳴を上げ体をよじるが縛られていてペニスは隠せない。

女は立て続けに今度は玉袋に鞭をセットするとニヤリと笑って下から玉袋に鞭を数発叩き上げる、鞭が玉を打ち上げる大きな音が
響き渡る、さすがに男は効いてしまって悲鳴と共に崩れ落ちるように身を傾ける。

女は男の顔に近づいて「ん、どうしたの?辛いの?アハハ辛いねー、お金はどこに隠したの?それともまだまだ私を楽しませて
くれるのフフフ」

女はお尻をペニスに押し付けこすりつけながら優しく自白を促す、ペニス棒がお尻に持ち上げられ円を描くようにグルグル回る。

男が拒否すると女はブーツで金蹴り、ヒザ蹴り金蹴りを繰り返し優しい言葉と強打でじわじわ責め楽しむ。

Chapter8

クンニ舌奉仕。
そのイスは座面(座る部分)に人の頭ほどの穴が空いている。

人間をイスの下に座らせ首だけ座面に出す仕組みのイス、そうクンニ舌奉仕用イスである。男はそのイスに首だけ出して両手を縛られている。女がやって来て、
女「何してんの?イスから顔だけだしちゃって、人形みたいよアハハハ」

女「よいしょ」とイスに座るとオマンコ付近に男の顔があり見下ろして微笑む。女が足を組むとフトモモが男の顔を圧迫する。

女「ね、逃がしてほしい?ここから逃げたい?」
女は男を見下ろして優しくつぶやく。 男はうなづく。

女「そうよねー逃げたいよねー、毎日拷問辛いもんねー、逃がしてあげようか?」男はうなずく。

女「じゃーねー、私のアソコを上手にペロペロ舐めて、気持ちよくさせたら逃がしてあげる、ペロペロ頑張る?」男はうなずく。

女はパンティーを脱いでオマンコを男の顔の前にして「よし、逃がして欲しければオマンコペロペロ頑張りなさい、ほらフフフ」
男は毎日の拷問から逃げたい一心で屈辱を感じながらも女のオマンコを舐め出す。

女は自分のオマンコを必死に舐める男を見下ろして満足げに笑みを浮かべている、男はまるで自動クンニマシンのようである。

Chapter9

アナル舌掃除。

男はクンニイスに縛られ女のオマンコを必死に舐めている。

女はオマンコを舐めさせ快感を堪能し、男を支配している。

優越感に浸り肉体的快感と精神的快感の2つを味わっている。

女「ほらもっとペロペロしないと、逃がしてほしいんでしょ舐めなさい、そこそこ、逃げたかったら舐めまくれアハハハ」

女は感じることなく、笑顔で舐めてる男を見下ろし楽しんでいる。さんざんクンニを楽しむと女は、
女「よしやめ、今度はお尻の穴も舐めてもらおうかなー」後ろ向いてイスに座る、女のケツの穴が男の目の前に迫る。

女「ほら、逃げたいんでしょ、お尻の穴も舐めてきれいにしなさいフフフ」糞を排泄するケツの穴を舌で舐めさせられる、男にとっては最大の屈辱である、しかし何とかここを抜け出し日々の強烈な拷問から逃れたい、その一心で男は舐め出す。

女「どーですかーお尻の味は、お尻の穴は汚いから丁寧にペロペロしてねー、人間トイレットペーパーみたいねー、アハハハ、そこそこ気持ちいいよー、ケツの穴を舐めさせられるってどんな気分なの?アハハハ」女は首を男の方に向け見下ろしてケツの穴を舐めさせられている男を小バカにののしっては笑みを浮かべている。

Chapter10

裏切り。
男にオマンコとアナルをさんざん舐めさせ楽しんだ女は
女「よし、やめ」パンティーをはいてイスを降りて男に顔を近づけてほほ笑む。

女「どうだった、おいしかったフフフ?お尻の穴もアソコもたくさん舐めてくれてありがとうアハハハ」

女「でもこんなんじゃ全然満足できないから、逃がしてあげられないなー」

女「毎日チャンスあげるから、私が満足できるように毎日舐めて頑張りなさい、逃がしてもらえるかもよーアハハハ」

女は男の頭を5回強くたたいて顔にツバ吐きかけて「ケツの穴毎日舐めな」笑いながら立ち去る。

屈辱に耐えさんざんオマンコとケツの穴を舐めたにも関わらず裏切られた男がポツンとクンニ用イスに縛られ放置される。

MLDO-030 金と玉拷問官のサンプル動画

出演:すみれ(元 東尾真子)

MLDO-030 金と玉拷問官 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。



【スマートフォンで再生できるmp4版はこちら】