MLDO-050 レズビアン達の性奴犬

MLDO-050 レズビアン達の性奴犬

出演:元山はるか、小夏ひなた

MLDO-050 レズビアン達の性奴犬 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

ストーリー

レズビアン達に1人のマゾ男が飼われている。彼女たちは男を犬と呼び、レズプレイやオナニーの際に局部、アナル、足を舐めさせ自分たちの快楽の補助性玩具、レズプレイ後の汚れた局部の舌掃除、排泄物処理の便器など人間としてではなく単なる道具として使用している。

彼女達は犬のオナニーや性行為を一切禁じ「犬!盛りがつかないように毎日去勢の代わりにキンタマ蹴って殴って不能になるようにしてるんだ切られないだけ有り難いと思え」と男としての性機能が完全に不能になる日まで男性器を蹴り殴り続け楽しむ。

Chapter1

朝のレズプレイ。
女Bはランジェリー姿でイスに座り、マスクとパンツ1枚の男を四つんばいにさせ足を舐めさせながら本を読んでいる。

女A「お早うー、犬に足舐めさせてるの?ちゃんと犬はできてる?」女Aもランジェリー姿で起きてきて女Bに尋ねる。

女B「それが犬が上手にできないの」

女A「そうなの」男の後ろに回り金玉を思い切り蹴りあげる、男は悲鳴を上げてのたうち回る。

女AB「アハハハハ、犬ちゃんとできないともっとやるぞ」男は再び一生懸命足を舐める。

女ABは男に足を舐めさせながらキスし胸をもみランジェリーを脱がして朝のレズプレイをし出す。

女A「犬、マナちゃんのオマンコ舐めて気持ちよくさせてあげなさい」男は「はい」と舌奉仕を始め女ABはそれを眺めてほほ笑んだ後再びレズプレイに熱中する。

女A「犬、アナルもオマンコも両方舐めるんだよ」犬の髪の毛を持ち強く持ちあげる。男は両方舐め出す。しばらくして女Bがイッてしまう。

女A「マナちゃん気持ち良かった?」

女B「犬が上手だったらもっと良かったのに」

女A「やっぱり犬がダメか、犬、お前毎日舐めてるのになんで上手にならないんだ?犬両手頭に乗せて開脚して立て」女Aは後ろから
男の金玉を力一杯蹴りあげる、男は倒れ込みのたうち回る。

今度は女Aのオマンコを男に舐めさせ2人は舐めてる男を見て笑みの後レズプレイを楽しむ。男はセックスの道具として扱われる。

Chapter2

朝食中舌奉仕。
女ABはノーパンでミニスカートを履きテーブルでTV見ながら朝食している、テーブルの下には男がもぐり込んでいて代わる代わる女達のオマンコを舐めさせられている。

女達はいつも男に舌奉仕クンニさせながら食事するのが習慣である。

女達は時折舐めてる男を見てお互いほほ笑んではTVを見て食事をしている。

女達はお腹が一杯になると残った残飯を寄せ集め
女A「犬、ここに座れ」

男「はい」正座する。

女A「エサの時間だ、今日はこれだけだから心して食え」と残飯をを床に撒き散らす、男は1日1回の大事な食べ物なので飛びついてガツガツと手を使わず食べる。

女達は男を犬として手を使って食べることを禁止しているのだ。

女AB「アハハハハ、犬、床もきれいに舐めて掃除しておけ」2人は立ちさる、男はむさぼりつくように残飯を食べている。

男の食事は女達の残飯か口から吐き出した物だけでなのである。

Chapter3

トイレットペーパー1。
男はトイレ前に首輪をされてヒモでつながれて正座している。

女Aがやって来てトイレに入り小便をする。

女Aは小便をして拭かずに男の前に立ち、小便したてのオマンコを男に舐めて後始末させる。

男は人間トイレットペーパーにされており女達がトイレに行く時はトイレ前で待って必ず舌で後始末しなければならない。

女Aは後ろを向いてケツの穴もついでにいつも舌掃除させる。女Aは舐めてる男をみてニヤニヤしている。

女A「いつもトイレットペーパーごくろうさん、アハハハハー」舐めてる男を笑顔で見て頭を叩いて立ちさる。

Chapter4

トイレットペーパー2。
次にトイレに女Bがやって来て小便をする。女Bもまた小便後は男に舐めて後始末させる。

女Bは後ろを向いてケツの穴を舐めている男を汚い物を見る目で笑っている。

女「トイレットペーパー買わないで済むから助かるわ、いつも後始末有難う、アハハハハー」男のアゴを持って顔を近づけ言い笑って立ちさる。

Chapter5

掃除中の金蹴り仕置き。
男は掃除機で部屋を掃除している。掃除も男の仕事である。

女B「毎日お掃除ごくろうさん、きれいにできてるかなー」女Bがやって来て掃除した後をチェックする、しかし汚れたところが見つかり女Aを呼ぶ。

女A「犬、ほこり1つ残さず掃除しろって毎日言ってるだろ、はいダメお仕置き」お仕置きとは金蹴りでありほんの小さなミスでも許されないのである、男は土下座して謝るが時すでに遅し

女A「犬、去勢の代わりに毎日金玉蹴って不能にしてるんだ、切られないだけ有難く思えよ」男を立たせて思い切り金玉を蹴る、かなりヒットしたのか男は悲鳴を上げて倒れ込み動けない。

女A「ねぇマナちゃん、今日は徹底的にお仕置きしようか」

女B「そうだね、厳しく仕付けないといい子にならないしね」女ABは蹴っては倒れ虫の息の男を何度も何度も立たせては金玉を蹴り上げ笑って楽しんでいる。

女AB「イェーイ(ハイタッチ)、アハハハハー、ほら立て、両手頭、足を開け、痛いですか?痛いですかアハハハ、チンポ破壊しないとね、今のは入ったね、完全に不能にしてあげるよ」

Chapter6

オナニー道具。
女Bはソファーで後ろ向きに座り本を読んでいる。男は女Bのアナルを舐めさせられている。

女Bはピンクローターを取り正面向きに座りクリトリスに当ててオナニーを始めると

女B「犬、アナルを舐めなさい、ちゃんと舐めないとケイちゃんに言いつけちゃうぞ」男はまた金蹴りを食らうので必死に舐める。

女Bはピンクローターと男のアナル舐めをしばらく味わうと男の口にバイブ型口バンドを咥えさせ
女B「犬、いつものようにやってごらん」男はバイブを女Bの膣内に挿入し動かし始め、女Bはピンクローターをクリトリスに当ててオナニーを続ける。

男は女がオナニーをする時は必ず呼ばれアナルを舐めさせられたりバイブを咥えて挿入させられてオナニー用の補助玩具として使われる。女はピンクローターとバイブでオナニーを満喫する。

女Bはしばらくしてイクと男を足で振り払い「いつもオナニーのお手伝い有難う」と言って男の金玉を蹴り飛ばし立ち去る。

口バイブを咥えたまま男は床にのた打ち回る。

Chapter7

レオタードパンチトレーニングオナニー。
女Aはレオタードを着て手にはボクシンググローブをしている。

男はパンチンググローブをして女Aのパンチを受け止めている。

女Aはエクササイズでいつも男を相手にトレーニングしている。

女Aのパンチは男のグローブを目がけるが女Aは意地悪して男の顔やお腹を時たまわざと打ち、突然男の金玉を蹴り上げ男が倒れ込み苦しむのを笑って見て楽しみながらトレーニングする。

女A「まだまだ、起きろ、今のは入ったな、アハハハハー、痛いのー?痛いの、良かったねー、甘い甘い、チンチン不能にしてやるよ」男はパンチが来ても蹴りが来ても耐えなければならない。

女Aの強烈な金蹴りが決まり男があお向けに倒れ込むと女Aは男に口バイブを装着させレオタードを脱いで男の顔にまたがりバイブを膣内に挿入してオナニーを始める。

いつもトレーニングの最後はオナニーで締めくくる。

男の顔の上で女Aのオマンコがバイブを咥え込み上下に激しく出入りしている。やがて女がイクと
女A「はい、ごくろうさん、完全に男として機能しないようにチンポ壊してやるよ」ペニスに何度もパンチしてツバを顔に吐きかけ立ち去る。

レズビアンの彼女達には男のチンポは不要で勃起することができないようにことあるごとにペニスを蹴り殴りつけ完全不能にすることを日課としている。

Chapter8

入浴舌奉仕。
女Bは浴槽に入っている、男も一緒に入れられ女Bの体をタオルで拭いて洗わせられている。

女達は入浴する時に必ず男に体を洗わせる、オマンコやアナルや足を頻繁に男に舐めさせそのまま水中に沈めたり水中で舐めさせたり沈めたままのしかかり男が苦しくなってもがく姿を見て笑いもて遊ぶ。

女B「ちゃんとペロペロしないとケイちゃんにいいつけちゃうぞ、おいしい?舐め犬、お掃除係り、もっと、そこそこ」

男は水中に沈められたまま女の尻に押さえつけられ1分2分とカウントされ息が続かずしばしばおぼれ死にそうになる。

Chapter9

オナニー禁止。
男はオナニーを禁止されている、しかし毎日オマンコを舐めさせられたりレズプレイを見せつけられるためどうしても欲情してしまい隠れてオナニーをしている。

男の存在を否定している女達に勃起したペニスを見つかったら大変なお仕置きが待っているためオナニーをする時は緊張が走る。

しかし今日オナニー現場を見つかってしまった。

女A「犬、オナニーは禁止してるだろ、お前にさかりがつかないように、毎日金玉蹴って不能にしてるのに、まだ勃起する力あるのか」

女B「ケイちゃん、二度と勃起できないように徹底的にやらないとダメだよ」

女A「そうね、徹底的にやるか」女達の金玉破壊が始まった。

男をまんぐり返しにして正拳突き、かかと落とし、立たせて金蹴り、ヒザ蹴り、四つん這いで逃げても金蹴り、
女AB「まだまだ、起きろ、今のは入ったな、アハハハハー、金玉壊れて良かったねー、甘い甘い、チンチン不能にしてやるよ、壊れろ壊れろ」女達の金玉集中砲火に男は地獄を味わう。

Chapter10

ベッドレズプレイ。
女達はベッドでレズプレイを楽しんでいる、男はいつも補助道具としてオマンコを代わる代わる舐めさせられる。

男をあお向けに寝かせ女達は2人で男の顔の上にまたがり座る。

男の顔の上にはオマンコ、アナル、オマンコ、アナルが並び口に来た物を舐めなければならない。

女達は男の顔の上で胸をモミ合いキスしオマンコとアナルの位置を代わる代わるずらして男の口元に持っていき、舌舐奉仕を味わう。

女達にとって男は単なるセックス補助道具であり何も気にせず男を何時間でも自分たちのセックスに使い続ける。

そして2人がイクと用無しで足でベッドから落とし哀れな男を見て小バカに笑う。

Chapter11

運動の時間。
女Aはノーパンで横寝して片足を上下に上げて運動中である。

女A「おーい、犬―」

男「はい」すぐにやって来て正座。

女A「オマンコ舐めろ」

男「はい」男は寝そべるように女の股間に頭を入れて舐めはじめる。

女Aはそれを見て笑みを浮かべて再びシェイプアップ運動を続ける、女の足が下りるたびに男の頭を挟む。

女Bはノーパンで仰向けに寝て両足上げて横に開いて戻す運動中である。

女B「犬―犬―」

男「はい」正座。

女B「悪いけどオマンコ舐めてくれる」

男「はい」男は股間に寝そべって舐めはじめる。

女が足を開くたびに男が舐めている姿が見え女は笑みを浮かべてシェイプアップ運動を続ける。

女達はどこで何をしていようと気分次第で男を呼んでは舌奉仕をさせ楽しむ、毎日の普通の光景である。

Chapter12

犬の運動の時間。
女達は男に毎日運動の時間を設けている。

腕立て伏せの体制をさせて男の顔が下りる場所に女が開脚して座る。

女の合図「いーち」で腕立てをして体が下がる、そこに女のオマンコがありその間は女のオマンコを舐めるという舌奉仕腕立て伏せ。

腹筋では男をあお向けに寝かせ、女が開脚して男の腹あたりに立ち、女の合図「いーち」で男が腹筋で上半身を起こすとそこに女のオマンコがあり舌で舐めさせるという舌奉仕腹筋。

男の体を鍛え女は気持ちいいという一石二鳥の運動方法である。

Chapter13

目隠しオマンコ探しゲーム。

女達は男に目隠しをして四つんばいにさせ、それぞれ離れて立つ。

女A「いいか、呼んだら私たちの声をたよりに四つんばいで来てオマンコを舐めるんだ、分かったな?」

女B「ほら、こっち、こっち、オマンコはどこかなー、右、左」男は声をたよりに犬のようにはって探す。

女B「そう目の前だ、舌でオマンコを探せ、上だ、左だ、そこだーオマンコ合って良かったなーアハハハ舐めろ」

女A「ほら、今度はこっちだ、オマンコはどーこだ?アハハハ」男は今度は女Aを探す。

あまり時間がかかると後ろから金蹴りが飛ぶため男は必至に探す。女達はわざと移動して見つからないようにして男の金玉を蹴ってもがく男をみて笑う。

Chapter14

人間便器。
男があまりにもミスを繰り返すと女達は決まって罰を与える。

小便を飲ます人間便器だ。男を和式トイレのような下に寝かせてホースを咥えさせる、ホースの先は如雨露になっていて小便を全てホースに流す。

女A「お前は私たちの便器なんだよ、一生便器としてここに監禁されるんだよ」女が来てトイレにかがむ、下には男がホースを咥えて寝ている、女は男の顔を見て笑いながら小便をする、如雨露を伝わって小便が一気にホースに押し寄せ男の口に流れ込む。

男はむせて苦しむが小便は容赦なく男の体に入っていく。その様子を笑顔で見ている女。

女B「便器にされちゃったの?本当にお口にしちゃっていいの?ここからたくさん出ちゃうけど頑張ってねプッ」

女はニコニコ顔だ、自分の小便を飲ませることが快感になっているのだ、わざと我慢して貯めてきた小便、男を見下ろして大量に小便を発射して「どうだー」のような表情、小便の勢いが強くて如雨露をはじく音が聞こえる、どんどん男の口に流れ込む小便、量が多すぎてホースの上まで小便が貯まり男が飲む速度に間に合わない、男は飲んでも飲んでもまだホースの中に次の小便が控えて待っている。

MLDO-050 レズビアン達の性奴犬

出演:元山はるか、小夏ひなた

MLDO-050 レズビアン達の性奴犬 M男動画配信中!

DVD販売中

ダウンロード販売中

サンプル動画はダウンロードしてご自由にサイトやブログでご活用ください。



【スマートフォンで再生できるmp4版はこちら】